交換のタイミングと交換費用の相場

​ずばり減価償却の知識と交換費用の相場を知れば交換のタイミングは簡単に図れます。ガス給湯器は使用から7年ほどで加速度的に燃費が悪くなります。経年による能力低下が原因で主にバーナー部の根詰まりが発生します。古くなればなるほどたくさんのガスを消費しないと能力を発揮できなくなります。自動車の燃費が悪くなることと同じですね。現在のガス給湯器は「高効率型給湯器」が主流になっています。いわゆる【エコジョーズ】です。熱交換の効率を高めたことによりガスの消費を抑えてくれます。ガス給湯器の交換費用は業者によって大差があり、同じ商品同じ工事内容に関わらず20万円もの差が出ることが多々あります。ガス給湯器の相場は驚くべき市場になっているのです。15万円の業者もあれば35万円の業者もあるから本当に驚きです。安価な業者に頼めば交換のタイミングも早められ、より一層の減価償却が図れてお得になります。

相場に差がある理由

ガス給湯器の交換作業には熟練の技術と経験が必要で、さらに交換工事に伴う定められた資格が必須であり、誰にでも簡単に工事をすることはできない特殊作業にあたります。よって高額な対価設定になるのは自然なことだと言えます。世間では大阪ガスサービスショップは「給湯器の交換費用は高い」と言われていますが本来は一般的な相場であるのです。一方、利益率を下げ宣伝経費を抑えた業者は、低額な対価設定で運営できるシステムを構築させています。よって、大阪ガスサービスショップが「高い」のではなく、他の業者が「安い」というわけです。

ガス給湯器の交換工事を請け負う4つの業界

​大きく分けて4つの業界(企業)で交換工事を請け負ってくれます。一つ目は大阪ガスサービスショップです。ガス給湯器の交換は「ガスを供給してもらっている大阪ガス」へと依頼される方が非常に多いです。大阪ガスと印字された大阪ガスブランドのガス給湯器を使用していれば、地域管轄の大阪ガスサービスショップへご依頼されるのも頷けます。ですが、このようなお客様は大きな勘違いをしているのです。実は、ガスを供給しているのは大阪ガス株式会社であって大阪ガスサービスショップとは別会社であるのです。いわゆる一般企業であって、大阪ガス株式会社とサービスショップ契約をお結んだ一般のガス会社なのです。さらに大阪ガスブランドのガス給湯器はリンナイやノーリツが製造元で大阪ガスブランドとして供給されているのです。大阪ガス株式会社はテレビコマーシャルなどたくさん流れていますので、勘違いしてしまうのは仕方がありません。二つ目は工務店です。ハウスメーカーや建築業を主とした企業で下請け業者に工事を手配し施工してくれます。三つ目はリフォーム会社です。住宅設備全般の販売から小さなメンテナンスまで施工し、ガス給湯器の交換も自社施工にて対応してくれます。四つ目はガス設備機器交換専門の当社のような業者になります。

あしながおじさん株式会社

〒636-0805

奈良県生駒郡三郷町美松ケ丘東1丁目7ー17

TEL 0745-60ー6734

E-mail ashinaganara@yahoo.co.jp

 

大阪ガス株式会社簡易内管施工店

日本ガス協会ガス機器設置スペシャリスト店 

 

お問い合わせは 通話料無料のフリーダイヤル

0120-966-773